無料カウンター
数字の法則はセレクトナンバー NHKマイルC
FC2ブログ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

NHKマイルC 

こんにちは セレクトナンバーの高林です。

昨日、8時間かけて福岡から名古屋へ帰ってきました。さすがに疲れました。

今日は少し難解なG1レースです。しかし、数字の強い場所ってのは馬券に絡んでくる筈です。

さて、今回に関してはどの馬も弱い場所に配置されていますので、予想も難しいかもしれせんが

強い場所ってのは馬券に絡んできます。

8枠系の馬券展開ってのは 2の次の馬券です。あっても16番だけです。それも2の次です。

強い構成を狙うのが馬券の 強い場所ってのは 2枠7枠だけです。

馬券展開ってのはこの2つの枠から軸を探す。

2枠3番と7枠14番の 数字の配列がキーになるでしょう。

しかし、ここで、馬券をどう狙うか?

今度は強い枠を狙う訳です。 7枠の構成からは馬券が展開されると読んでいます。

何でかと言いますと、数字のは5の数字が馬券に粗絡んできます。

全体のバランスで5の数字を持っているのは7枠だけです。
 
軸は 13番  レッドスパーダ

どの馬券にも対応できる馬券のバランスをもっています。

例えば  相手が 4番 6番 16番  にしても

4-13  6-13 13-16  

この様な馬券に対応できる馬を探すのが大事な事だと思います。

そして、多少買いにくい面もあるが、前回の馬券の決まり手です。

7-12  基本的には 着順の構成から 反発しあう目を持っていながらそれを入れてくるだけの力があると感じます。

アンライバルドが 131  レッドスパーダ が 151 通常の馬なら決まりにくい着順の構成と9系の目です。
どちらかが数字の壁を破れる馬だという事です。 皐月賞でもアンライバルドを押せたという事もあります。

本来ならレッドスパーダは1着3着に入ってきているべき馬券を2着にもってきた実績を評価して

軸は 7枠13番 レッドスパーダ

枠的にも強い構成をしているので狙っても良い馬だと思います。

では・・・・・
スポンサーサイト
[ 2009/05/10 10:35 ] 馬券ノウハウ | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://selectnumber.blog109.fc2.com/tb.php/72-1af7167c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。