無料カウンター
数字の法則はセレクトナンバー 買い方で決まる。









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

買い方で決まる。 

こんばんは セレクトナンバーの高林です。

両方とも中途半端に荒れた重賞でした。ある程度は固い馬券かと思ったが中波乱の馬券でした。

どっちも中途半端に狙えた馬券ですから良かったのかもしれないけど、京都牝馬は負けました。6番が2着だったら良かったけど結局共に1番人気が連に絡んでいるので比較的に固い馬券だっと思います。

根岸Sの1番人気の方が固いと感じました。能力が抜けているって事もあるけど、数字的な法則で7枠からの後押しがあるので連軸では固い馬券だと思いました。

大体、7枠の勢いの良い目ってのは5枠にやられる事が多いです。 枠連の 7-5 っての少ない。枠連の5-7とは意味が違います。

これは、9番が目を引っ張って終わるレースなんだと解る訳です。連番系と同じ系列の数字を買えば良い訳です。

3枠と7枠の目が強いので5枠からの馬券で良いという事です。こういうレースは目を取っていくって事です。

他の意味もありますけど、昨日の最終で  蛯名と北村の枠の単勝をとりましたよね。 結局 蛯名と北村の隣の馬券で決まっている訳です。

東京根岸131


東京の最終も同じです。 北村の隣で決まりましたが意味が解っていて買うのとなんとなく買うのでは大違いなんです。

それが単を狙う 狙わないの 区別です。 昨日の最終から単を取って 今日の最終まで全く同じパターンです。次はこの状態が京都とか中京に出てくるって事です。

北村騎手を調べてみて下さい。

不思議だと感じるとは思いますが、数字の法則でも同じ事ですが勢いのある場所は馬券に絡みやすいって事です。

東京最終131


こういう事はある程度気にしていれば、結構取れる事が多いです。ある程度の上位人気の馬は大体 馬券に絡むんです。

たま~に10番人気の馬が勝ったりしますけど、こんなのは10回に1回あればいい方です。自分の1Rの収支ってのをある程度決める訳です。例えば3連勝をした時は小額に抑えてやったりします。

レース数が多い時は買い方も雑になりやすいですから注意はしています。

例えば回収率500%に設定すると、買うオッズや人気が決まってきます。そうすれば、最悪、 回収率が悪くても、平均すると70%までは戻ってきます。

人気の結果を書いているのはこの為です。 勝たなくても馬券には絡んできます。

ルールを決める!!!  予想のルールではなく 買うルールを作る訳です。結局は予想ってのはみんな変わらないです。

私の場合はある程度の人気とオッズに決めています。 出ない日を探す方が難しいくらいです。

ある程度出てくると安心感ってのもありますからそういう風にしています。中央競馬のワイド馬券が一番美味しいと思います。地方競馬の2割から3割増し以上はつきますのでそこそこ点数を買っても戻ってくるんです。

中央では効率が良いと言われているのが、3連複とワイド

根岸Sで説明すると 8-9の 馬連が 5960円  ワイド 2350円 通常なら3分の1がワイドと同等の金額になります。京都牝馬は 8-15 2790円 ワイドが900円 こっちはちょっと下ったけど 6-8の馬連が880円に対してワイドが390円

平均すると0.3~0.5位上乗せされている事がとても多くあります。高配当の方はへこむ事が多いですが、一番出てくる様な配当に対してとても払い戻しの率が良い訳です。

だから私は通常のレースは払い戻しの率の良い場所を狙って買います。そこで、無理やり馬連系のもっていくと逆に損をするってことになります。

高配当に関しては馬連系を狙う。 中間配当に関してはワイドとかを狙うという事です。これが買い方だと思います。

まあ 今日はこんな所で  では また


スポンサーサイト
[ 2010/01/31 17:29 ] 中央競馬 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://selectnumber.blog109.fc2.com/tb.php/173-5a0f2f56








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。