無料カウンター
数字の法則はセレクトナンバー 関屋記念









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

関屋記念 

こんにちは  セレクトナンバーの高林です。

暑い日が続くので栄養つけていきたいです。夏バテには注意してくだいね。

甲子園の福岡県代表が初戦突破したのでやはり地元ですからうれしいです。

馬券の話に戻りましてやはり中央は変なオッズが入りやすいです。やはり、素人馬券が多いので強そうな馬に投資が入っていきやすいです。

昨日は少しだけ、関越Sを狙ってみたけど7枠の構成からの単は出やすいと思い単勝の購入。

結果論ではないんです。 昨日の後半のレースは関越Sと同じ枠の構成が何度も馬券に絡んでいます。

5枠が人気になっていたけど ない 馬かなと思い、何でないかと言うと

実は 8番にビクビクしていた馬券ですから7番ってのは馬券的に消える可能性が高い。


こんな、おいしい馬券ってのはゴロゴロ寝ている訳です。


新潟 関越S  単勝 1280円 複勝 370円 

12番  シルククルセイダー   12-11-4

しかし、こんなレースは3連単系に入っていきません。 軸馬の配列が弱いですよね。

関越S


これが3連単に入っていく目なんです。 

札幌 みなと北海道  11-4-9  取れなかったけど、これがいい例です。

軸馬の配列がある程度強いので、相手を引っ張っていく目です。

札幌みなと

外系の馬券から相手を引っ張るって事はありません。

そこで、1着3着が入れ替わる事があります。

11-4-9 の 目ってのは 入れ替わっている目ですからそれ以上買う必要はありません。

パターンに入らない目です。これ以上馬券を伸ばすかと言うとその必要はないと思います。

3連単を20点も買って外れた時はチャラになってしまいます。

これが理論の馬券ですよ。

自分の理論以上に馬券を買うっての無駄な事なんです。

こういう事をしっかりしていかないと儲けってのはでないです。

自分の儲ける馬券展開を考えていかないといけません。

これは、人それぞれですから 例えば 3万位でいい人もいれば 100万位勝ちたい人もいればこんだは馬券の種類と投資の比率が変わってきますのでそれは、その人しか解らない。


私は単勝、複勝の馬券が多くなりがちです。

一番的中率の高い部類と控除率が単勝 複勝 は 20%  その他の馬券は 25% この5%の比率ってのは大きな筈です。

安定した馬券スタイルが求められます。

競馬ってのはそんなに簡単ではありませんので自分なりの馬券の儲け方をしっかりと掴むのが一番いいと思います。


では関屋記念の予想に入ります。

重賞だろうが500万だろうがレースはレースです。あんまり、お金を入れる勇気がありません。

しかし、予想だけはやっておかないといけません。


私の買い方はこのレースのパターンを読む訳です。

例えば ヒカルオオゾラ からの馬券展開をしたとします。

そうすると3連単系までは目が入って行きません。

ここが、馬券と競馬の差です。

最後は決まり手です。

12番からの馬券展開ってのは馬連しか当たらない。ここで当たっても儲けが少ないです。

ここで馬券を抑えるにしてもここから5点とか買う馬券はないんです。

このレースに対しては3連単系の目が入る可能性が低い訳です。

9系とか5系の目じゃないという事です。計算目の方が強くなりやすいです。


時間もないので予想します。

枠の構成とか色々な面で大きな荒れってのは考えにくく思います。

全部、5系に強い馬が来ているので大崩れの馬券は考えにくいです。


◎ スマイルジャック

○ マルカシェンク

△ ヒカルオオゾラ

× キャプテンベガ


今回は7枠のバランスがいいので狙ってみたいです。

○ マルカシェンク

× キャプテンベガ

両方こないとは思いたくないですがね。どちらかが馬券に絡むと思うのですがここが迷う所です。

では

このレースは無理する事もないと思います。高配当の目ではないと思いますので無理しても思ったような跳ね返りがないので。

こんな高配当狙っても取れないでしょうから・・・・



スポンサーサイト
[ 2009/08/09 15:03 ] 馬券ノウハウ | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://selectnumber.blog109.fc2.com/tb.php/102-58279a38








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。